JA Asia Pacific Company of the Year Competition
(COY)

国際コンテスト

JA Asia Pacific Company of the Year Competition (COY)

国際コンテスト

Global Challenge

世界中のジュニア・アチーブメントに協賛しているたくさんの企業の全面協力により、開催されています。

企業のネットワークをいかし、意欲的に学んでいる海外の同年代の子どもたちと出会います。時には力を合わせ、
時には競争し、異文化に直接ふれることができる体験です。
また、コンテストによっては、共催企業のボランティア社員からアドバイスを受けることができます。
グローバルな活動を通して様々な刺激を受け、広い視野を身につけていきます。

JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition
JA Asia Pacific Company of the Year Competition

スチューデントカンパニー・プログラムのアジア大会。
各国の代表チームが開催国に集まり、自社商品をプレゼンテーションし、実際に販売。審査員 (企業の社員) の採点結果をもとに表彰されます。
大会中の公用語は、プレゼンテーションからコミュニケーションまで、もちろんすべて英語です。

日本からは1チームが参加できます。大会進出チームは大会へ無料招待 (諸条件あり)。

主催:ジュニア・アチーブメント アジアパシフィック
共催:支援企業、開催国のジュニア・アチーブメント

学校の役割

  • 大会参加に向けた学生へのサポート(プレゼンテーション、レポート作成の支援)

企業の役割

  • 大会実施フィーを負担、参加者への記念品を提供。
  • 代表社員は、大会期間を通して出席し審査員を務めます。
  • また、SCP社外取締役、JA支援企業が、日本代表チームの国内での準備をサポートします。

Experience

参加した生徒の声

※見出しクリックで全文表示します

JA Asia Pacific Company of the Year Competition

Voice

「このアジア大会で日本代表として何か爪痕を残したいと考えていました。
しかし実際に大会が始まると、まず言葉の壁が立ちはだかりました。自分の言いたいことの半分も相手には伝わらず、前に出てアピールする他国の姿勢に圧倒されました。
また、他国のSCPの製品は最新の技術を駆使していたり、地元の企業とコラボレーションしているようなものばかりで、すっかり萎縮してしまいました。
しかし、他国の高校生たちは私たちを励ましてくれ、積極的に話しかけてくれました。すると次第に私たちもできるだけのことをやってやろうと思えるようになりました。

結果私たちは「Young Entrepreneurs’ Choice Award」を日本で初めて受賞することができました。アワードディナーの授賞式で「Japan!」と呼ばれた時は驚きすぎて膝がガタガタになりましたが、この時が日本が爪痕を残した瞬間でした。

このような大きな賞をいただけたのも、これまで私たちを支え共に働いてくれた社員、製品を手にとってくれたお客様、支えてくれた家族、友人、英語を一からご指導していただいた支援企業のみなさま、大舞台に立つ機会を与えてくださった高校、JAの皆様のおかげです。
すべての人々に心の底から感謝申し上げます。

このアジア大会は、私の世界観や持っていた価値観を良い意味で変えてくれました。
世界には凄い人がたくさんいること。
英語ができなくても思いは伝わるが、英語は必要不可欠だということ。
そして一番感じたのは貪欲さや前に出ようとする姿勢です。

日本ではみんな大人しく受け身な場合が多いですが、海外ではみんなが自分の意見を前に出て主張する。海外ではこれが当たり前なことで新しいことがどんどん生まれるのも納得しました。

言葉に出して主張することがこんなに大事だとは思いませんでした。このことを感じられたのも、自分がアジア大会に出るという決断を下し、チャンスを逃さなかったからです。
これからは、自分にできるはずないと決めつけず、何かできると信じて意見を主張するチャンスをつかみたいと思います。」

JAAP COY 2016 in Korea

JA Asia Pacific Company of the Year Competition

Share on SNS

SNSでシェアする