MESE

高校生向けプログラム:ミース

MESE /
Management & Economic Simulation Exercise

高校生向けプログラム:ミース

高校生2年生対象

ミース
ミース
ミース
ミース
ミース
ミース
ミース
ミース

「意思決定には結果と責任がともなう」

「エコ・ペン」という商品を製造・販売する仮想会社の経営シミュレーションプログラム。

チームでのぞみ、価格・生産量・宣伝広告費・設備投資額・研究開発費の5項目を話し合って決定する意思決定シミュレーションでもあります。この5項目を何度も調整しながら他チームと順位を競います。

学校の役割、流れ

  • 模擬授業:協賛企業の社員あるいは JAのスタッフが学校に出向いて講師を務める
  • 本番:プログラムソフトを貸与し、授業は先生が実施

企業の役割

  • 企業の社員が学校に出向いて講師を務め、生徒のグループに参加してアドバイスをします。

MESEInterview

教師による「落とし込み」で生きてくる、
アクティブ・ラーニングです。

立命館中学校・高等学校 スーパーグローバルハイスクール(SGH) 推進機構長 教諭  神野 哲次 先生

立命館中学校・高等学校 スーパーグローバルハイスクール(SGH) 推進機構長
教諭 神野 哲次 先生

高校1年生の政治経済の授業に、MESEの英語版を取り入れています。
生徒たちは、はじめは戸惑いますが、あえて詳しい説明はしません。それでも、そのうちのめりこんでいきます。

シミュレーションだけど現実の世界でも同じだよと、教師がリアルの世界とつなぐ。
生徒たちが社会に出た時、こういうことだったんだと気づくように。
そこが、単なるゲームと教育との違いですよね。

このプログラムのねらいは、生徒たちの「生きる力」として発揮されます。たとえ社会が変わったとしても、これは変わりません。

Experience

参加した生徒たちの声

※見出しクリックで全文表示

ジョブシャドウ

Voice 01

意思決定することは、自分の選択に後悔しないためにも大切だし、その選択に責任をもてるようになると思いました。

あの時こうしたら、何がいけなかったんだろうなど、いろんな考え方ができました。選ばなかった方も大切。
後戻りはできなくても、次にいかせる。」

北海道 高校2年生 男子

Voice 02

「自分の進路や結婚、出産など、人生を大きく左右する選択は他人に決めてもらうと絶対一生後悔すると思います。

なので、大人になってから自分の意思を明確にもち人に頼らず自分で意思決定ができるようになるために、日常で意思決定をするたくさんの場面で『これも大人になるための訓練だ!』と思って生活していきたいと思います。

北海道 高校2年生 女子

Voice 03

「『捨てざるをえなかった』ことを自分で感じて先に進むのだ」

北海道 高校2年生 女子

Voice 04

「意思決定には思いきる勇気も必要なのかなと思いました。」

北海道 高校2年生 女子

Voice 05

「すべては意思決定で人生が成り立っているんだということをあらためて実感しました。」

北海道 高校2年生 女子

Other Programs

他のプログラム

Share on SNS

SNSでシェアする