Catch Your Dream

中学生向けプログラム:キャッチ・ユア・ドリーム

Catch Your Dream

中学生向けプログラム:キャッチ・ユア・ドリーム

中学校2年(主)~ 高校生対象

キャッチ・ユア・ドリーム
キャッチ・ユア・ドリーム
キャッチ・ユア・ドリーム
キャッチ・ユア・ドリーム
キャッチ・ユア・ドリーム
キャッチ・ユア・ドリーム
キャッチ・ユア・ドリーム
キャッチ・ユア・ドリーム

大人って、何?

夢・未来、仕事・職業など、自分の将来につながる価値観を理解し、他人へも共感と理解を得ます。また、夢をふくらませ未来の自分を具体的に思い描くことで、「今こそ自分が起こすべきアクション」を考えます。

多方面で活躍する社会人が、自身の体験談を交えながらお手伝いします。

学校の役割、流れ

  • 事前学習:学校で先生が実施
  • 本番:JAと企業の社員が学校へ行って(場合によっては企業の社屋で)プログラム展開

企業の役割

  • 企業の社員が学校に出向いてメインファシリテーターを務め、生徒のグループに参加して自分の人生を語ります。

Catch Your DreamInterview

いろんな大人の話を聞いて、「なぜ、何を勉強するのか」を理解した生徒が、自分の描いた夢に向かって進み始めています。

関東学院六浦中学校・高等学校 教諭 佐藤 幸平 先生

関東学院六浦中学校・高等学校
教諭 佐藤 幸平 先生

中学3年生で将来を考えるというのは、自己分析し未来を考えるのにとても良い機会です。

このプログラムの中で10年ほど先の理想像を描くのですが、この「思い描く」ことが大切。
描いた自分の夢に向かって進もうとする生徒が、出てきました。

なぜ勉強するのか、なぜ英語が必要なのかという疑問をもつ生徒は、少なくありません。
先生だからそう言うんでしょ、って。
だけど企業の方が「本当に必要なんだよ」と実体験や失敗談を話してくださると、「勉強」としてではなく異文化理解の「ツール」として必要なんだ、生きていくための英語なんだ、と理解できるんです。
将来を考える時に企業の方たちの生きた話を聞けるのは、とても大きな魅力ですね。

Experience

参加した生徒たちの声

※見出しクリックで全文表示します

Voice 01

「将来の仕事はまだ思いつかないけど、やりたいことをならべていくとたくさん見つかったので、 今から挑戦しようと思いました。

東京都 中学3年生 男子

Voice 02

「『将来やりたい仕事は何?』ではなく『何をしたい?』という質問でやりたいことがどんどん思いつき、結果的に今 自分がつきたい仕事が増えました。

東京都 中学3年生 男子

Voice 03

「はっきりとした夢は決まっていないけど、どんな人生を歩みたいか、どうすれば予定を実行できるかなど、 考えがまとまってきました。

東京都 中学3年生 女子

Voice 04

「しっかり夢をかなえて、今日来てくれた大人みたいに 自分のことを胸をはって話せるようになりたいと思いました。

東京都 中学3年生 男子

Voice 05

新しい自分を発見できたかもしれない。

東京都 中学3年生 男子

Share on SNS

SNSでシェアする